スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
募金活動
高岡市立古府小学校の学校祭
学生ボランティアの一人のお父さんが古府小学校のPTA会長さんをやっていらっしゃることもあり、娘さんの勧めで、学校祭で募金活動をしても良いと言ってくださった。
小学校で募金活動ができるとは思ってもいなかった。
ましてや、自分の地元の学校でさえやっていないのに…。
お父さんであるPTA会長さんにもお会いしたが、とても気さくで前向きな方であった。
このようなお父さんだからこそ娘さんもボランティアに熱心なのだろう
やはり、親の姿を見て子供は育つのだろう
しかし、学校自体が前向きなのか
献血車も来て献血を推進されていた。
献血もあらかじめ予約をとり、その数はかなりの数
聞けば、献血を始めたのもずいぶん以前かららしい。
自分も400ML、献血した
献血してくださった看護師さんにも話しを伺ったが、やはり学校をあげて献血をしてくださることは以前はずいぶんとあったが最近はほとんどないらしい
とても良いことなのに、少し残念

募金活動 ゴールドリボン、赤鼻(クリニクラウン協会の活動の一環)の販売。小児がんのPRである。
学校祭、メインは子供達の発表だ
親御さん達は最初のうちは募金活動にはほとんど無関心だった
しかし、こちらが赤鼻を付けていると、さすがは子供達
興味津々だ
でも、さすがに子供には300円は高い
しかし、その中でも何人か赤鼻を買ってくれた。
その子供達が赤鼻を付けて学校中を回ったら、すごい
多くの子供達が買いにきた。
50個持ってきた赤鼻はあっという間に無くなった

今回は勉強になったことがあった。
それは学生ボランティアさんから教えてもらった
それは、しっかり声をかけること
最初は黙って活動をしていた。
子供達は関心は示すものの大人はさっぱりだ。
一人の学生ボランティアさんが「がんの子供を守る会です」と、声を掛け始めた。
するとどうだろう
何人かの方が足を止めてくれる。
それは当然と言えば当然だ。
みんな学校に来ているのだから、子供のことには関心がある。
ましてや「がん」と聞けば、放っておけない。
おかげでゴールドリボンはもちろん、小児がんのこともお知らせすることがてきた。
募金も少し入り、なんだか充実した一日になった
ありがとうございましたPTA会長さん、学生ボランティアさん、校長先生。
来年もお願いされ、学校を後にした。
スポンサーサイト
【2009/10/19 05:37 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<カターレ富山、サッカー観戦 | ホーム | 富山サンダーバーズ野球観戦中止>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://montikazoku.blog94.fc2.com/tb.php/89-06598df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。