スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
北陸がんプロフェッショナル養成プログラム公開講座
今日は、ー患者さんは、家族の痛みにも敏感です。-と題して行われた、北陸がんプロフェッショナル養成プログラム公開講座に参加してきた。
北陸がんプロフェッショナル養成プログラムとは?
金沢大学, 富山大学, 福井大学, 金沢医科大学, 石川県立看護大学 が共同でお行われている。
「がんプロフェッショナル養成プラン」は,国公私立大学から申請されたプログラムの中から,質の高いがん専門医等を養成し得る内容を有する優れたプログラムに対し財政支援を行うことにより,大学の教育の活性化を促進し,今後のがん医療を担う医療人の養成推進を図ることを目的とした事業です。 とある。
講座の内容は「がん患者の家族ケア」神戸市看護大学・教授の鈴木志津枝さんが講演。
がん患者はもちろんであるが、それを支えている家族のケアの必要性を話しされた。
確かに自分達の活動同様家族のケアは大切である。
医療関係者側がそのようなところまで気を使い始めてきていること。
とても良いことだと思った。
またもう一つは2/12日付けのブログでも紹介をしたがん専門看護師の山本恵子さんが「がん看護専門看護師認定までの道のりと活動の実態」について講演された。
がん看護専門看護師になるまでは、とても大変なことがわかった。
彼女も途中、何度も挫折しそうになったと伺った。
それでも、先輩や周りが温かくしてもらったおかげで乗り越えたと…
看護は大変な中、本当に志を高く持ち、実現していくこと、素晴らしいと思いながら、自分はこのままでいいのだろうかとも…
何はともあれ、小児がんの患児はもちろん、その家族、また他のがん患者、そして、看護師にとっても明るい話しである
灯台の様な存在である
これからがもっと大変かもしれない。
陰ながら協力したいと思った
(もんちパパ)
スポンサーサイト
【2009/03/08 22:13 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ビアカウンセリング | ホーム | 長野県松本>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://montikazoku.blog94.fc2.com/tb.php/39-13aea630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。