スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
長野県松本
200902281015000.jpg
昨日は長野支部の総会。
富山からだとで行くと、新潟回り、糸魚川、南小谷と乗り継いでいかなければいけないので、結構時間がかかる
では、だと、高速道路を使うとやはり新潟回り、上越経由になるので、時間もさることながら、お金もかかる
結局、一番早いのは富山から41号線を岐阜方面へ
神岡から奥飛騨温泉を通り、安房峠を抜ける
一昔前までは峠が狭く、積雪が多いため、冬季は通れなかった
今は有料であるが、立派なトンネルができ、冬でも通行できるようになった
ありがたい
今回、富山から約3時間で松本
お友達のAさんと蕎麦屋で合流。
やっぱり信州は蕎麦ですよね
ちょっと高かったけど、おいしかった

時間どおりに総会へ。
長野支部はがんの子供を守る会ができて早い方で支部が設立されたと伺った。
今年で30年。
とても重みのある支部である。
長野県立こども病院の設立にも大きく貢献されたそうだ。
ただ、ここ何年かは活動が停滞されていて、代表の方が申し訳なさそうにしていらっしゃた。
会の持続の難しさを実感した。
総会も十何年ぶりの開催だそうだ。
しかし、今回なんとか総会までにこぎつけたことは、すごいことだと思った。
過去がどうではない
今後、どうするかが問題であるから、これからの長野支部に期待したい
集まった人数は約15名。
歴史が長いだけに年配の方が多い。
今回、幹事になられる方も年配の方が多かった。
若い人が幹事にならなくても、どんどん新しい意見を言える会であって頂きたいと思った。
今回、中学校3年生の女生徒が姉の病気を通しての体験が、印象に残った。
 「素直に伝えることの大切さ」-亡き姉への思いー
と題しての体験である。
この女学生はこの体験を昨年の長野県中学校英語弁論大会でスピーチをし、優勝したそうである。
「自分達の周りの人達にいろいろな意味でお世話になっています。周りの人達に感謝をし、言葉で気持ちを伝えていますか?」と言うのには、ドキッ!

その後、本部のソーシャルワーカーより「がんの子供の教育支援に関するガイドライン」について講演があった。
あっと言う間の2時間。
とても良い時間を過ごし、会場を後にした。

帰りにお友達のAさんとファミレスで近況などを約1時間くらい話をした。
Aさんも円来と同じ病気で円来が亡くなった1年後にお子さんを亡くしていらっしゃる
Aさんはご主人もいらっしゃらない為、「落ち込んだ時に気持ちの持って行くところがないのが辛い」とおっしゃっていらした。
お子さんを亡くすことは、ずっとずっと大変な思いをして生きていかなければならない。
お子さんを亡くした方々のケアももっと大切に思った。

帰りは、来た時と同じ道のりで
大沢野に住む弟夫婦のに寄って、一泊させてもらった。


スポンサーサイト
【2009/03/01 17:49 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<北陸がんプロフェッショナル養成プログラム公開講座 | ホーム | 3月の定例会の中止のお知らせ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/03 21:06】 | | #[ 編集] | page top↑
コメントに投稿して下さった方へ
コメントの返信が遅れ、ごめんなさいね!
もしPCをお持ちでしたら、http://gankodomo.web.fc2.com/からメールでのお問い合わせ、ご相談はこちらからをクリックして頂いて、メールをくださいませんか?
そうすれば、率直に答えれると思います。

【2009/03/08 21:47】 | URL | もんちパパ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://montikazoku.blog94.fc2.com/tb.php/38-6c6386b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。