スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
日々草の会
一昨日は、仕事を終えて大阪へ

娘・円来が大阪の病院にいる時に一緒に闘病したご家族のへ。(堺)
円来がお星さまになった後、そのご家族のお子さんもお星さまになった

何度かを訪問したり、一緒にしたりしたことはあるが、今回は泊めていただいた

お星さまになった子供達が繋げてくれた縁だ

9時半くらいに着いて、すぐに飲み会
当時の看護師さんが近くに住んでいらっしゃるということで一緒に…。

ビールに焼酎、日本酒にマッコリ、最後は泡盛
久しぶりにお会いし、話しが弾み、あっという間に夜中の3時
楽しかった~


翌日の昨日は、10時半くらいまで爆睡
二日酔いもなく、すっきり


昼からは、日々草の会。

日々草の会とは、大阪の病院の血液腫瘍科(ほとんどが小児がん)の看護師さん達が、お子さんを亡くしたご家族のケアという意味合いで年に2回、病院の隣町で開催してくださる。
病院側がこのような会を開催してくださるところは、ほとんどない。
もちろん、賛成意見ばかりではない。
病院で嫌な経験を持つと、一切病院関係と縁を持ちたくないという方もいらっしゃる。
その点、自分達夫婦も含めてこの会に参加される方達は、お子さんを亡くしたとはいえ、病院側に不満がない方達なのかも知れない。
「グリーフケア」
ここまで病院がケアしてくださることはありがたい。


当日は、自分達以外に1組のご夫婦、1組の親子、3名のお母さんが集った。
看護士さんが6名。
娘がお世話になった看護士さんもいらっしゃる。
再会を喜ぶ
各自の自己紹介を兼ねて、近況報告。
今回は参加者が少なかったので、看護士さん達の会に対する思いや日頃子供達や家族を看ていての気持ちも聞いた。
医療者とて、人間である。
やはり辛い闘病をしている子供達や家族を看ているのは大変だ。
ましてや、お星さまになっていく子供達・・・。

良いのか悪いのか、子供達が病気になったことでつながっていく縁。
何か不思議な想いをするのは、自分だけだろうか?
約2時間半
あっという間の癒しの時間は過ぎていった


短時間の大阪を十分に堪能して家路についた。
スポンサーサイト
【2011/05/30 05:46 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<定例会のお休み | ホーム | 本部の総会の案内>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://montikazoku.blog94.fc2.com/tb.php/190-f78056d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。