スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
旅立ち
26日の朝、訃報がメールに。
日本ALS協会富山県支部の支部長を務められていた清水忠彦さんが亡くなられたと…
清水さんとは富山県難病支援センターの関係で3年前に知り合った。
全国難病センター研究会や北陸学習会等、車椅子ながらにも積極的に参加されていた姿が目に浮かぶ。
日本ALS協会富山県支部の設立は、自分達のがんの子供を守る会・富山支部の設立と同じ日に設立された。
そんなことからも清水さんとは何か近いものを感じていた。
最後まで自分の病気と闘いながら、今も同じ苦しみを持つ方々の為に、最後まで闘われた。


28日、お別れは、自分の仕事の関係でお通夜も終わった後にさせてもらった。
お通夜も清水さんの今までの功績だろうか、たくさんの弔問があったと伺った。
清水さんの姿勢は大いに学ぶところがある。
自分も清水さんのような人生を送りたい!


清水さん、ありがとうございました。
あなたの活動はどれだけ多くの方々に希望を与えてくださったでしょうか?
病気になる事は辛いことかもしれませんが、あなたは決して気持ちは負けなかった。
あなたの思いが、残された人たちの心の中に生きていきますよ!
また、生まれ変わって、楽しい人生を!   合掌
スポンサーサイト
【2010/03/30 06:22 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
金沢
週末、金沢へ行ってきた。
まずは昼ごはんは「第七ギョウザ」へ。
行ったのは2時過ぎ
とうに昼ごはんの時間帯は過ぎているのに、店内は満員!
少し待って、カウンター席へ。
名物は「ホワイトギョウザ」
うん、うまい。
他に水ギョウザ、汁ギョウザ、蒸しギョウザを一通り食べた。
お腹はいっぱい。
不思議なのは、お店の場所柄か、を飲むお客がいない事だ。
自分達はわざわざ、バスに乗っていったので、もちろん
ホワイトギョウザはご飯と食べるのが、定番らしい。
http://www.white-gyouza.co.jp/branch/index.html


お昼からは「21世紀美術館」へ
とても開かれた美術館である。
建物自体が美術という印象を受けた。
たまには美術に触れることも大切である。


夕方は小児がん経験者を持つ金沢のお母さんの紹介で金沢文教会館で『和力』(太鼓や琴、津軽三味線等、演奏や地域に伝わる踊り等を見せる)を見てきました
日本人はやはり、和楽器がジーンとくるなぁ~
『和力』はもちろん面白かったのですが、経験者である娘さんとお会いできたことが一番良かった。
とても明るい娘さんで、今度ゆっくり話することを約束してきました。
今はまだ高校生ですが、もしかしたら金沢は経験者の会からスタートしたりして…と、勝手に想像を膨らませたりしました。


終わった後は金沢大学附属病院で活動しているKUREの代表をしていた方二人と送別会をしてきました。
二人は卒業して長野へ信州大学附属病院の医師に、子ども病院の看護師へとそれぞれ新しい道を進みます。
今の富山の学生ボランティアさんが、活動してくださるのも、この二人のおかげです。
また、新しい代表の方も一緒に参加し、盛り上がりました。
今後、金沢大学附属病院、長野にもしっかりとつながりはできました。
富山支部としてより、何かまた新たなことが始まる様な気がします。
「大変にお世話になりました。恩返しは立派な医師になることです!」と。
「何か役立つことがあれば、なんでも言ってください!」と。
自分達が関係した人達がまた、希望を持って医療者になってくれたことは、この上ない喜びです。
楽しいは金沢の街に消えて行きました。

【2010/03/28 23:08 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
子供はすごい!
昨日、「命」の話しをしてきた。
対象は小学校1年生~3年生。
約1時間の話し。
1時間も聞いてくれるだろうか?
と、心配していたが、全くそんなことはなかった。
また、「命」は、一つしかないもの!と。言ってくれたお子さんもいた。
円来の闘病生活の大変さ、残念ながら亡くなってしまうこと。
最後の最後まで真剣に聞いてくれた。

帰り際、あるお父さんがおっしゃっていた。
「自分は会社の仕事が大変で、帰ったらストレスで子供に手を挙げてしまうことがある。
今日話を聞いて、気持ちをどういう言葉にしたらわからないが、子供と話をしようと思う。」と。

みんないろいろなことで悩んでいる。
しかし、子供たちをはじめ、ご家族の方にも新しい風を吹き込んだのではないかと思った。
また、機会があればこのような話をしたい!


この模様は23日付の富山新聞の12Pに掲載。
23日、NHKテレビ18:10~19:00の間で放映される。
【2010/03/23 06:27 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
命のはなし
娘・円来が保育園に通っていた園ママから連絡があった。

園ママともんちママとは保育園当時はそんなに接点もなかったらしく、円来がいつの間にか保育園に来なくなり、亡くなったことも後からになって知ったそうだ。
今から3年前に自分達夫婦が「がんの子供を守る会・富山支部」を立ち上げる時に新聞から自分達のことを知り、連絡をくださった。
それからお食事会やお泊まり会を通じて今にいたっている。
そんな園ママさんは子どものこと、地域のことを考え、新興住宅地で学童を始めた、とてもパワーのある方である。

その園ママからの連絡は、学童に来ている小学生の子供たちに『命の話し』をして欲しいとのこと。
最近、子供達は簡単に「死ね!」「死にたい!」等、口にすることをどうにかしたいと。
そこで自分達夫婦に闘病や亡くなった話しを通し、子供達に何かわかってもらいたい。とのこと。
自分達は医療関係者等の前で医療の現状や今後の医療体制について、話しをさせていただいたことはあるが、対象が子供は初めてである。
どんなふうに話せばいいのか?思案中
大人だって「いのち」はよくわからない。
しかし、一昔前までの大家族で生活していたころは、「死」は身近だったのでは…。
それが良い事なのか?悪い事なのか?は別として、「死」を小さい頃から知ることは、長い人生大きな違いがあるのではないだろうか?
うまく話そうとは思ってはいないし、わかって欲しいとも思っていない。
娘・円来の闘病生活、「死」を通して、何か感じてくれたら…と。


命のお話
「死ぬ」ってどういうこと?
「生きる」ってどういうこと?
   
 ~かさいつぶらちゃんからおしえてもらう~


日時:3月22日17:30~18:30
場所:正専寺2階本堂 富山市水橋専光寺107

入場無料

主催:水橋ミニクラブアドベンチャーじょうじょう
協力:(財)がんの子供を守る会・富山支部(のぞみ富山)
協賛:富山県共同募金会


【2010/03/18 07:21 】 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
バルーンショー開催のお知らせ
昨年も行い、大好評だったバルーンショー
今年は新型インフルエンザの影響もあり、病院内での開催も危ぶまれたが、なんとか開催する事に
4月11日(日)13:00~14:00 富山大学付属病院ロビーにて

入院中の患者さんはもちろん通院している子供達も集まれ~
ただし、病院の中での開催ですので、咳をしていらっしゃる方や体調の悪い方はご遠慮ください

日曜日の定例会ではみんなで案内のポスター作りを楽しみました。
ポスターはもちろん絵を描くことも何年ぶりだろう
出来はいまいちだが、結構楽しんだ
【2010/03/16 23:10 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
にこにこトマト
昨日、幹事と京都へ
京大病院の小児科のプレイルームでボランティア活動をしている「にこにこトマト」の15周年記念イベント『にこトマくん大研究会』に行ってきた
参加者は平日だというのに、60~70人。
会員さんも多いが、にこトマに皆さん、いかに興味があるかがわかる。
東京、香川、岡山、愛知、岐阜と自分達も含め、遠方からも参加していらっしゃった。
午前中は「にこにこトマト」を第三者の目から研究(研究会)をし、発表された。
「にこにこトマト」が病院や患児、家族にとってどのような存在であるかほんの一部ではあるが、わかった気がする。
昼はおいしい3500円の弁当をいただき(^-^)
午後は座談会。
それにしても恐るべし「にこにこトマト」。
みんな、熱くもなく、冷静に各ボランティアを自分ができる範囲で行っていらっしゃるようだ
無理なくが長続きの因なのだろう
自分達の今後の活動に大きなヒントをもらった
自分達の守る会・富山支部も12年後は研究されるような会に
【2010/03/12 19:20 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。