スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
クリスマスプレゼント
守る会・富山支部は2年前の設立時から病院の小児科へクリスマスプレゼントを贈っている
最初は2病院、昨年は富山市の4病院へ贈った。
今年はもう一頑張りで富山県の小児科の病床がある全ての病院を贈ることを決めた
ただ、昨年来の景気の悪い中で守る会本部から毎年贈られるプレゼントも期待が薄い
であれば、富山県のことは地元でなんとかしよう!と幹事共々、企業、団体に当たった。
また、幹事共々、富山県の病院の実態も行けるところは直接行って、ソーシャルワーカー、看護師長、事務局と病院によって対応が違ったが調査した。

回ってみてわかったことがいくつかあった。
やはり富山市内の病院は小児科が充実していること。
郡部へ行くと病床さえないし、医師不足から非常勤の先生しかいないところもあった
どんな病気でもそうだが、いざ入院となると、遠く離れた病院へ行かなければいけない。
それだけでも大変だろう。
富山県の小児科を知る意味で今回の活動は良かった

さて、プレゼントだが、幹事の一人が仕事つながりでアフラック富山支店とアフラック富山アソシエイツ会より多数のプレゼントをいただいた。
また、富山県の大手本屋さん文苑堂さん
文苑堂さんは本屋はもちろん、おもちゃのバンビ、雑貨屋のB&B、レンタルのTSUTAYAと幅広く営業をされている。
今回は文苑堂さんに話しの趣旨をお話ししたところ快く引き受けてくださった
各店舗にお願いされたらしく、かなりのご寄付をいただいた。
段ボール箱にして9個。
思った以上のプレゼント数だ
本当にありがたいm(__)m
また、守る会本部からもプレゼントを送っていただいた。

定例会で各病院への仕分け作業を幹事と行ったが、それは大変だった(嬉しい悲鳴とはこのことだろう)

富山県10病院、石川県の金沢医科大学病院、金沢大学附属病院の合計12病院にプレゼントを贈った
クリスマスを自宅で迎えられない子供達へ少しでも笑顔になってくれたら…
スポンサーサイト
【2009/12/21 22:59 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
一面、銀世界
暖冬だと言われているこの冬。
初雪が大雪になった
は嫌いではない。
汚いものまで全て真っ白に包み込んでしまう。
ただ、今回の様に降り過ぎるとやっかいである
降り始めはタイヤ交換をしていない車で渋滞
また、除雪も大変である。
一昔前と違いの量は少ない。
自分が小さい頃は朝晩、除雪をしていた。
道路もかなり融雪装置が完備された。
しかし、この融雪装置は歩行者には少々嫌なものだ
水がとんでもなく出ていたり、何といっても車が雪水を跳ねていく。


でおもしろい話しを一つ。
県外から富山県に来た人に必ず教えてあげるのが、富山県の信号
普通は信号は横向きだが、富山県の信号の100%近くは縦向きである。
やはり、が多いので信号に積もったが信号を見えにくくしてしまうため、こうなった。
もし、富山県のどこかで横向きの信号があったら、教えて

これでスキー場も一安心だろう。
今年はホワイトクリスマスになりそうだ
【2009/12/18 23:05 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。