スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
今世紀最大の天体ショー
日食2009.7.22.11.12
ちょっと見づらいが、富山で確認できた最大の皆既日食だ。
今度見られるのは26年後。
見られるかどうか
自然ってすごいと、あらためて実感させられる。
スポンサーサイト
【2009/07/22 22:22 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
またもやにじ
200907211809000.jpg
仕事からの帰り
雨模様のくもの隙間から…。
【2009/07/21 22:45 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
(o‘∀‘o)
先週行った人形劇の後、ぬいぐるみと一緒に子供達が写真を撮りました
それを届けに行ってきました。一人のお子さんは退院しておられもっと早く行くべきだった…と反省看護師さんの計らいで、外来の時お渡しして頂ける事にもう一人のお子さんとは会うことが出来ました
人形劇の時はお父様と一緒でしたが今日はお母様と少しお話することが出来ました。お母様に人形劇の事、一緒に写真を撮ったことを沢山話されたそうです
また、ポスターを見てずっと楽しみにしてたんですよとお母様が話して下さいましたずっと恥ずかしがってたお子さんが「ありがとう」って言ってくれた時はぎゅっと抱きしめてあげたい位嬉しく心が熱くなりました
【2009/07/18 00:35 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
久しぶりのにじ
200907161905000.jpg
夕方、7時過ぎ
外に出て、ひがしの空を見たら…。
夕焼けで山々が真っ赤になり、にじも少し赤味掛かって見えた。
【2009/07/16 20:28 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
人形劇、大成功!
11日、富山大学付属病院の1Fロビーにて人形劇が開催された。
富山大学五福キャンパスの「児童文化研究会」のサークルの学生さんたちが行って下さった。
人形劇は学校や児童館で公演はしているが、病院での公演は初めてである。
しかし、そんな心配もなしにロビーには子供達はもちろん年配の入院患者さんやご家族の方々が約40分、とても良い時間を過ごした
長期入院のお子さんも数名見受けられ、最後まで人形劇に釘付けになった。
また、人形劇を演じて下さった学生さんも、裏でスタッフとして働いていた学生さんも「とても良かった!」とおっしゃっていらしたことが、また嬉しい。
その中でも一人の学生さんが「自分は小さい頃に2年間入院していた事があり、その時にこのようなイベントがあればいいなぁ、と思っていました。今、逆の立場でこのような公演が出来た事は、本当に嬉しいです!」と感想をおっしゃっていた事は印象的だった。
今後もずっと毎年続けていくことが出来たら…と願う。
【2009/07/12 06:29 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
赤鼻のセンセイ
今日より日テレで10:00より始ったドラマ「赤鼻のセンセイ」
小児病棟の中の病気で入院中の気持ちをうまく表現している。
周りは励まそうと思い、言った言葉が実はひどく傷つけてしまっている

娘・円来が入院していた事が二重写しになったことに加え、円来も同じ気持ちだったのか?と、いろいろなことを考えて見た。
夫婦二人で涙して見た
そして自分たちの今の活動も決して無駄ではない!と思った。
とても良いドラマだと思う

そして赤鼻でいろいろな所で笑顔が届けばいいなぁと、思う。
【2009/07/09 06:15 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
RED NOSE DAYが富山新聞に
7月8日付けの富山新聞にてRED NOSE DAYのことが記事になったよ
少しずつではあるが、赤鼻は売れている。
少しずつ、笑顔の元が増えれば・・・と願う!
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20090708203.htm
【2009/07/08 21:35 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
悔しい思い
大阪で娘と一緒に小児がんと闘っていた5歳の女の子がお空に旅立った
この子のパパ、ママとは仲良くしていたこともあり、日曜日に訃報を聞き、いてもたってもいられず、月曜日の早朝に大阪へ夫婦で向かった
小さい頃から度重なる大変な治療をずっと受けてきた。
本当に頑張っているのに…本当に良い子なのに…
また、悔しい思いをして帰ってきた。
ずっと闘病生活をしてきたパパ、ママ、お疲れ様。
きっと大きな穴が空いているんだろうなぁ。
「これからも娘さんはずっと一緒なのだから、夫婦仲良くね」と…。
【2009/07/03 10:32 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。